ホーム > 歯周病について

歯周病について

歯周病について

自覚症状がないため、なかなか気づかない歯周病

歯周病とは

歯周病とは

歯周病は、さまざまな原因が複合的に作用して起こる病気です。日本人の80%が罹患しているといわれていますが、自覚症状がないため気づいていない人が多いようです。

歯周病の自覚症状が思い浮かばない方でも、次のような症状を感じることはありませんか?

「食事のときよく噛めなくなった」
「歯が沁みる」
「歯肉が赤くなっている」
「硫黄の臭いのような口臭が気になる」

歯周病の検査

歯周病治療

当院では、患者さんの口腔内の状態を確認しながら、歯周病の検査を行います。

まず、口腔内全体を検査します。また、歯周ポケットの測定し歯周病の程度を確認します。
歯槽骨の状態を確認するために、併せてレントゲン撮影も必要になります。

歯周病の治療

当院では、メンテナンスを中心に歯周病治療を考えています。
患者さん自身が、毎日しっかりと口腔内をコントロールすることが大切です。
しかし、どんなに毎日歯を磨いていても、歯に汚れがたまってしまい虫歯や歯周病になる危険性は高まってしまいます。

ブラッシングの指導から、定期的なクリーニングなどを通して、歯周病を管理していくことがもっとも大切です。

当院では患者様がとることができない歯の汚れを除去するサポートをします。

歯周病と噛み合わせ

歯周病と噛み合わせ

歯周病になると、歯の長さが不揃いになったり、ぐらついたりしてしまうために噛み合わせが悪くなることがあります。

噛み合わせが悪くなると、健康な歯に余分な力がかかってしまい、口腔全体の状態に影響を与えます。

また、歯周病と虫歯によって噛み合わせが悪くなっている場合は、歯周病と噛み合わせの治療を一緒に行うことが必要です。

当院では、口腔内全体を最適な状態に保つために、全体的な治療
ご提案します。

あなたは歯周病になっている?!知っておきたい、歯周病の全て

軽度(歯肉炎)
軽度(歯肉炎)

歯周病はいつの間にか発症して、知らないうちに進行していきます。

歯周病菌があると必ず歯周病になるわけではなく、全身の免疫力が低下しているときや、風邪などで抵抗力がなくなっているときに悪化することが多いようです。

また、噛み合わせが悪く余計な負担がかかっていると、
                 その歯が歯周病になりやすいこともあります。

            いずれにせよ、
           初期の歯周病には自覚症状がないので、
         歯科医院で検査してご自分の状況を把握することが必要です。

中度(歯肉炎)
中度(歯肉炎)

歯周病の治療は、スケーリングという歯石を除去する処置を中心に進められますが、重症化していく過程で、歯ぐきや骨が後退してしまうので、それを止めるための治療も必要になります。

場合によっては、歯を固定したり、向きを変えたりして噛み合わせを最適化する処置も必要になります。

重度(歯肉炎〈歯槽膿漏〉)
重度(歯肉炎〈歯槽膿漏〉)

歯周病の治療は時間もかかり、手間もかかります。

外科的処置を行わないと、重症の歯周病の治療は根本的にできないといえます。

歯ぐきを開いて歯根から直接歯周病菌の温床である歯石やプラークを取り除くフラップ手術を行い、歯ぐきの高さを揃えてブラッシングをしやすい環境を整えるなどにより、
                                                   歯周病の予後がよくなります。

「歯茎が腫れた、血が出た」「歯が伸びたように感じる」「現在通院中の医院では治らない」など 歯周病に関する症状や治療方法・期間、料金などの疑問や不安がある方はお気軽にご相談下さい。 当院のスタッフがあなた様のお悩みに丁寧・分かりやすくお答えします。 お電話:03-3635-1929