ホーム > 協力医院紹介

医院紹介

監修医紹介

歯周病は、骨と軟組織の病気。
口腔外科の専門性を活かし、
専門的な技術で治療するのが当院の特徴です。

ごあいさつ

院長 小笠原庸治(おがさわら・ようじ)

小笠原歯科医院 院長の小笠原庸治(おがさわら・ようじ)です。
私の家は、私で3代目の歯科医です。父親が埼玉県の川口市の実家で開業医をしていました。
東京歯科大学を卒業して歯科医になってから、5年ほど東京都養育院附属病院(現・東京都健康長寿医療センター)で勤務医をしていました。
口腔外科医として高齢者の方を担当することが多かったのですが、当時は、口腔ケアという概念がなかったために、患者さんの口腔内の状態が悪くなっていました。
その病院で、私が、口腔ケアを始めました。
それまで、その病院では虫歯の治療ぐらいしかやっていませんでしたが、衛生士が3人おりましたので指導して口腔ケアを行うようにしました。

高齢者の健康維持にとって、口腔ケアは大切
その頃は、口腔ケアの大切さに対して意識が低かった時代です。高齢者の方の口腔内が不潔でも、そういうところには気が回っていませんでした。
当時歯科では、口腔内の細菌による誤嚥性肺炎が話題になっていましたが、医科からの反応はないという頃でした。
いまになって、口腔細菌と誤嚥性肺炎との関係が取り沙汰されるようになり、高齢者介護の現場では、口腔ケアの重要性が語られるようになりました。

当院では、虫歯と歯周病に力を入れています
歯周病については、口腔外科ができなければ根本的な治療を行うことが困難です。歯周病は、骨と軟組織の疾患ですので、知識があっても手術できる腕がないと治療ができません。
当院では、通常の歯周病基本治療だけを行っている歯科医よりも、より踏み込んで歯周病を考えています。
噛み合わせの治療、歯の固定、ぐらついている歯の固定などです。
それらにより、患者さんの口腔の健康をトータルに見ることができます。

歯周病かなと思ったら、まずはご相談ください
早期に見つければ、ブラッシングなどの処置で対処することができます。重症でも、当院ではできる限りの治療をご提案できます。気になることがありましたら、どうぞご相談ください。

小笠原歯科医院 院長 小笠原庸治(おがさわら・ようじ)

院長略歴

昭和51年 東京歯科大学卒業
同年  東京都養育院附属病院(現 東京都健康長寿医療センター)歯科口腔外科勤務
昭和56年 小笠原歯科医院(川口)勤務
同年 4月から翌年3月まで藤本順平氏「咬合と補綴講座」受講
平成元年 小笠原歯科医院(錦糸町)開業
平成5年 小宮山彌太郎氏「ブローネマルクインプラント」受講
平成22年 西山俊夫氏「高出力半導体レーザーの基礎と臨床応用」受講

著書

『老年者の口腔清掃』 成田むつ・小笠原庸治 共著/老年歯科 渡辺郁馬編1981 医歯薬出版株式会社
『入門顎関節の臨床』 中沢勝宏 著/図 小笠原庸治 1992 医歯薬出版株式会社
「イラストで示す顎関節のバイオメカニクス」 図 小笠原庸治/文 中沢勝宏 2000/1~2000/12 クインテッセンス連載 クインテッセンス出版株式会社

診療時間

 
10:00~13:00 ×
15:00~19:00 ×

★:日曜日は奇数週が休診となります。
  ※日曜日はご予約頂いた患者さまのみ治療となります。


休診日
木・祝日

小笠原歯科医院について

小笠原歯科医院
03-3635-1929
東京都墨田区江東橋2-15-6 ファーストビル2F

歯周病は早期発見・早期治療が一番!
気になったらお気軽にご相談ください。


○患者さん一人ひとりにしっかりとご説明をして、最適な治療を進めていきます。
○どうして歯周病なったかの原因を突き止めて、それに応じた改善を進めます。

歯周病の予防と治療は、おまかせください!


JR錦糸町駅 徒歩5分

「歯茎が腫れた、血が出た」「歯が伸びたように感じる」「現在通院中の医院では治らない」など 歯周病に関する症状や治療方法・期間、料金などの疑問や不安がある方はお気軽にご相談下さい。 当院のスタッフがあなた様のお悩みに丁寧・分かりやすくお答えします。 お電話:03-3635-1929